設備紹介

設備紹介

走査型超広角眼底カメラ ZEISS CLARUS 500

イメージ画像

お車で来院された患者様に対しては、散瞳撮影が困難である場合が多いのですが、本広角眼底カメラは、瞳孔径2.5mm以上にて高精画、広角撮影が可能です。
瞳をひらくことなく(無散瞳)網膜中心から周辺までを高画質で撮影し、病変の早期発見、治療に貢献します。

スウェプトソースOCT Triton plus

イメージ画像

OCTとは、網膜の断層画像を撮影し、精密に検査するために開発された検査機器です。今回新しく導入されたOCT Angiographyは、造影剤を用いることなく、OCT撮影をするだけで網膜・脈絡膜血管内の血流の様子を可視化することができます。

VERION イメージガイドシステム

イメージ画像

Alcon社のVERIONは、白内障手術に使用します。手術前に計測したデータをもとに、手術中の顕微鏡にガイドが表示されます。VERIONは今までの手術経験と実績に加え、より高い再現性と精度をもたらしてくれます。乱視用の眼内レンズや多焦点眼内レンズというプレミアム眼内レンズを使用する際に威力を発揮します。

白内障手術装置

イメージ画像

Alcon社CENTURIONは、次世代白内障手術装置として独自の灌流制御システムを搭載し、眼内圧の変動による術中のリスクを低減させることで、手術の安全性と効率性の向上に寄与しています。

網膜硝子体手術装置

イメージ画像

Alcon社のCONSTELLATION Vision Systemは従来の手術装置からより高い安全性を追求した、最新鋭の網膜硝子体手術装置です。低侵襲の手術が可能で、患者さんの負担が格段に減りました。

光学式眼軸長測定装置

イメージ画像

TOMEY社OA-2000は、白内障術前検査に必須である眼軸長値と角膜曲率半径だけでなく、不正乱視などの情報を提供する角膜トポグラフィーを一度の測定で取得します。

スポット ビジョンスクリーナー

イメージ画像

従来の検査器械では難しかった生後6か月からのお子さんに屈折検査のスクリーニングができるようになりました。

自動視野計

イメージ画像

視野(見える範囲)の検査をします。緑内障の経過観察に用います。

各種レーザー

イメージ画像

白内障術後に起きる水晶体嚢の濁り(後発白内障)を取るレーザー装置を常設。また、糖尿病網膜症や網膜裂孔などの網膜疾患に対するレーザーにも対応できます。

Copyright (C) 2014 MIZUNO EYE CLINIC. All Rights Reserved.